目立たない器具

歯列矯正において、現在のトレンドが目立たない器具での治療です。透明なマウスピースで歯を固定し、治療を行う方法もあるため、ワイヤーでの治療に二の足を踏んでいた人も、思い切って利用することができるでしょう。

Read More

印象が変わる

矯正歯科を利用することによって、コンプレックスであった歯並びを矯正できます。食事の際や笑顔を見せた時、相手に不快感を与えてしまう歯を矯正することで、対人への印象を大きく改善させることができるでしょう。

Read More

リスク低減のために

虫歯のリスクを低減させるには、毎日のブラッシングは欠かせないものです。歯医者に行くことにより、正しいブラッシング方法が身につくほか、専門のクリーニング機器によって歯垢や歯石の除去が行えます。

Read More

成長期前の処置

今後の矯正治療に関する予測

日本人にとって矯正歯科治療は長きにわたって軽視されてきたものでした。日本人は歯を明らかにいせて笑顔になったり、笑う文化がなく、歯を見せること自体が下品とされる考え方が長年存在したのです。しかし日本の文化や美意識も近年随分様変わりしました。西欧諸国のように美しく並んだ白い歯を見せて笑顔を見せることが美人だとする価値観が定着しつつあるのです。そのため最近では虫歯治療にひけを取らないほど矯正歯科治療に力を入れ、徹底して治療を受ける人が多くなっているのです。特に仕事や芸術でグローバルに活躍しようとする日本人も多くなり、海外で恥ずかしい思いをしないように矯正治療を受ける人が今後ますます増えることが予測されるのです。

矯正歯科治療で注意すべき点

しかし矯正治療は大人になってから治療を受けるのではなく、子供の頃から適切に受けた方が良いので治療のタイミングを逃さないように注意が必要です。矯正治療では顎の大きさや顎の発達も大きく関係してくるのです。顎が未発達で小さい大人の場合、矯正歯科治療する際に顎の大きさにあわせて抜歯する必要がでてくるのです。せっかくの健康な歯を矯正歯科治療のために抜歯してしまうのは非常に勿体ない話であるのは言うまでもありません。そのため顎の成長期である12歳までの幼少期に適切に矯正歯科治療を受け顎の正常な発達もサポートすることが大事なのです。子供の頃に適切な矯正治療を受けていると歯並びがよくなるほか、フェイスラインのバランスも良くなり美人になるのです。